アクセス 院長紹介 医院設備 メール相談
矯正の歯周病対策

殺菌ペースト・プロケア

歯肉縁下に付着した汚れや頑固についたバイオフィルム(プラーク)は完全には取り除けません。
しかも、リスクの高い部位ほどうまく清掃できないのが現実です。
そのため、殺菌剤の助けが必要になってきます。

歯周疾患のメンテナンスにおいて、歯周病菌を殺菌する塩化セチルピリジウム(CPC)、バイオフィルムに浸透するイソプロピルメチルフェノー(IPMP)、即効性があり殺菌効果の高いクロルヘキシジンが有効な殺菌作用を示します。

ポケット内洗浄1

塩化セチルピリジウム(CPC)

歯周病菌を殺菌・毒素を不活性化

最新の歯周医学により、歯周病菌は毒素(LPS')を排出し、歯を支えている骨を溶かしたり、全身の健康とも深く関連していることが明らかになりました。

CPC1

イソプロピルメチルフェノール(IPMP)

バイオフィルムの内部に浸透し殺菌

殺菌ペースト・プロケア2

クロルヘキシジン

即効性がある・殺菌効果が高い・歯垢の付着抑制

ただし、アナフィラキシーショック・着色の問題あり

ポケット内洗浄4

殺菌ペースト

殺菌ペースト1

  • メルサージュクリアジェル(松風)×フッ化Na 950ppm  CPC/IPMP
  • アパガードリナメル(サンギ)×CPC・ナノ粒子薬用ハイドロキシアパタイト
  • PTCペースト(GC)ファイン RDA 40~60 フッ化Na 900ppm  塩酸クロルヘキシジン
  • メルサージュプラス(松風)  RDA フッ化Na 950ppm  塩酸クロルヘキシジン
  • 歯みがきペースト(GC) RDA フッ化Na900ppm 塩酸クロルヘキシジン
※ 治療費 全歯
合計 \6,000(税別)
上へ
お問合せ・ご予約
06-6344-5535

かわさと歯科は、矯正歯科の実績が豊富な大阪の歯医者です